ウィルス感染対策

様々なウイルスや風邪症状を引き起こす細菌が、扁桃や咽頭の粘膜に付着すると、まずイガイガ感が生じます。これだけではまだ風邪の発病ではありません。

ウイルスや細菌が血中に入ると、悪寒・発熱・頭痛などの症状が出てきます。
したがって、粘膜のバリアーが働いている状態で、ウイルスや細菌を排除することが大切です。

1.うがい

(1)お湯でうがいする

インフルエンザ、風邪ひょっとしてコロナウイルスにも効くかもしれない60℃お湯うがい

※熱いので、慣れるまで少量ずつ口に含むなどのご対応をしてください。

(2)イソジンでうがいする

「イソジンガーグル」でのうがいを20~30分ごとに、のどのイガイガが消えるまでうがいを繰り返すと良いです。

(3)さらに

【コロナウイルス対策】効果絶大 60℃うがいと〇〇〇〇の組み合わせ

 

2.マスクで喉奥まで殺菌効果

【コロナ対策】新発想 効き目抜群の『イソジン濡れマスク』

※イソジンを浸したガーゼの色が白くなれば完了です。(20分くらい)イソジン効果も終了ですので、長くすれば効果があがるわけではありません。
※ガーゼが品切れで入手が難しかったので、キッチンペーパーで代用しましたが、少し息苦しかったのでカット綿にしました。

イソジン濡れマスク