呼吸メジャーの法

太古の昔、食物を口に入れてよいかどうかを本能的に知ることができたはずです。そうでなければ生きのびることができなかった。われわれは、その能力を潜在的に持っているはずです。これを呼び覚まそうというのが、この方法です。

調べたいものを手に持って、ゆっくり呼吸をすると、適している場合は、呼吸が楽に感じられ、鼻から息が入っていく道筋をメジャーで測るように、イメージをたどってみると、へそを越えて下丹田のところまで達します。逆に達していない場合は、呼吸が詰まった感じがしますし、メジャーが胸のあたりで止まってしまいます。

この現象は、呼吸という機能が脳の生命中枢でコントロールされており、生命中枢が適か不適かをキャッチした情報が呼吸に現われてくると考えれば、とりあえず納得できます。

①ゆっくり安定した腹式呼吸をする。
背筋をリラックスさせて、頭の頂点が少し上に引っ張られるように背筋を立てる。

②片手を自然な感じで鼻孔の前にもってきて、楽に呼吸する。

③息が入っていくにしたがって片手が下がっていき、十分吸ったときに下丹田の位置に来るように、息を吐くとき、片手は上がっていき、鼻孔の前にくるようにする。

④呼吸によってメジャーができることをイメージしながら、これを繰り返す。

⑤メジャーができたら、間違いなく身体に悪いもの、または良いものをもう一方の手に持って、そこからエネルギーを吸う気持ちで、メジャーがどこまで動くか試みる。
悪いものはメジャーが少ししか動かない。

⑥慣れたら片手を鼻孔の前にもってこなくてよい。

⑦悪い物の量を減らしてもわかるかどうかやってみる。

⑧呼吸メジャーの法ができるようになったら、何か良し悪しを判定したいもので試してみて友人と結果を比べてみる。結果が一致すると自信がでてきます。
良いものも、量が過剰になると、メジャーが動きにくくなります。質的な情報と量的な情報の適不適を知ることができるのです。

基本的な体の使い方

1.足と股関節 足の開き具合は肩幅くらいで足先の方向はまっすぐか、やや内股ぎみ 左右の股関節を入れる動作をしてゆるめておく( 四股踏みや体の捻転 )

2.背骨をまっすぐに立てる 仙骨を立てて尾骨を内側にまるめるとお尻の穴が締まった状態ができる 命門を開く( 寝転がるか、柱に背中と仙骨をつけた時に腰に隙間がない状態 ) 胸と背中を縦横に開く 肩の力を抜いて喉と顎をゆるめる 側頭部と瞼から力を抜いて眉間をゆるめる

3.手と肩の動き 肩に力を入れず、肩甲骨から手を動かす 鎖骨をあげない

4.意識すること あまり目は閉じず、何も考えないほうが望ましい 筋肉から意識的に力を抜いてリラックスし、背骨を内視する

5.エクササイズ インナーマッスルを鍛える 三密加持( 体を動かしながら、声を出しながら、イメージを浮かべる ) 右側、左側、真ん中の順に実施して左右の脳を共振させる

 

腸腰筋

[ 小周天基本功 ]

仙骨の立て方
(1)気おつけの姿勢でつま先はひらく
(2)膝を閉じたまま中腰になる
(3)膝に手を添えてつま先の方向に向けて膝を開く
(4)状態をまっすぐにしてそのまま膝を伸ばす

下丹田を練り、腸腰筋(大腰筋、腸骨筋)を意識する
(1)両足をつけて立ち、足幅2足分に開き、大きく前に1歩(右足)踏み出す。
(2)体幹を垂直に立て、命門を開いたまま、垂直に沈める。
(3)前足の膝が90度の角度になるまで体を沈めるのがベストであるが、無理はしないようにする。
(4)命門が反らないようにし、見えない尻尾が大地にめり込んでいくイメージで骨盤を巻き上げて命門を開く。
(5)前足は臀筋というアウターマッスル、後ろ足は腸腰筋というインナーマッスルへの負荷を自覚する。
(6)両手を広げて、バタフライが羽ばたくようにしながら腰を落とす。
(7)両手が上に向かうときは裏労宮が開くように、下に向かうときは労宮が開くように行う。
(8)足を変えて同様に行う。
(9)腰が下がるとき、腸腰筋、背筋が働き、下丹田が充実する。

小周天基本功

エクササイズの標準的なメニューと順番

【 体を動かす順番 】

1. 全身をリラックスさせる(スワイショー) 前後 → 上下 → 回転

(1)前後のスワイショー 足を半歩前に出して腰から動かして手をゆるめる 右左

(2)縦のスワイショー かかとを落とすようにして足をゆるめる

2. 足の中の筋をゆるめる

膝 → 腰 → 腿裏 → ふくらはぎ → 付け根 → 腿裏 → 足先

(3)膝の屈伸と左右に膝をまわす

(4)両足で立って前屈す、腎臓から命門、仙骨、太ももの裏、ふくらはぎにかけてさする

(5)片足を大きく引いて前足に体重をかけ、ももの付け根のリンパをこすり、足を伸ばして太ももの裏をさする 左右

3. 腕の中の筋をゆるめる

指 → 手首 → 腕 → 体側

(6)手のひらを胸の前で親指を下にあわせ、て押し付けて指の部分だけつけて伸ばす

(7)5本の指を鳴らすようにからめて絞りこみ肘をつける 左右

(8)小指から順にからめて背中をひらいて左右にゆする 左右

(9)手を組んで回転させて内側にもってきて上下に動かして手首をストレッチ 左右

(10)手をあげて、反対側の手で伸ばしながら円をかくように前から手をおろして内側を伸ばす 左右

(11)片足体重で片方の手をあげて体側を伸ばす 左右

4. 体をほぐす

後ろ軸回転(前後) → 前の軸回転(上下) → 左右のばし

(12)両手を横に手のひらを上にして胸を開き、背骨を軸にして左右に回転

(13)両手を前に突き出し、小指を上側に外旋して手の甲を向き合わせ、背中と命門を開いて左右にゆする

(14)両手を後ろにして喉と胸を開き、前側を軸にして左右に回転

(15)両手を前に突き出し、小指を上側に内旋して手の甲を向き合わせ、背中と命門を開いて左右にゆする

(16)両手を横に手のひらを上にして胸を開き、左右に傾けながら手をひねり、首筋の横から肩の筋を伸ばす

5. 背骨を波打たせて柔軟でまっすぐにする

鳥(縦) → 亀(縦) → 龍(正面) → ひねり(回転) → 熊(複合)

 

六つの呼吸

愛 → 許し → 癒し → 進化 → 調和 → 創造

 [youtube id=”7npcmGgug38″ mode=”normal” align=”center”]

[youtube id=”FowNFfeMnKA” mode=”normal” align=”center”]

[youtube id=”VHUswB-aC4Y” mode=”normal” align=”center”]

 

 

はまっている10の罠

(1)意志の力に頼りすぎ 人の意志の強さはそれほどでもない、とまずは意識しておくべき。

(2)一気に変化しようとしすぎ 小さく成功体験を積み重ねましょう。

(3)環境が習慣に与える影響を理解する 環境が変われば行動も変わるものです。 環境をコントロールすることを意識しましょう。

(4)古い習慣を無理矢理やめようとしている 「なにかをしない」よりは「これこれをしよう」が大事です。 何かを避けるより、行動に集中しましょう。

(5)モチベーションが湧かない!を言い訳にしてしまう モチベーションを管理するのでなく、習慣を作る仕組みの方にフォーカスしましょう。

(6)トリガーを有効活用する 特定の行動を起こすための「トリガー」を設定するのを忘れないようにしましょう。

(7)情報が行動を起こすと思い込んでしまっている 我々が合理的な行動を起こすことは滅多にありません。

(8)あいまいな目標を立ててしまう 数値目標は基本。

(9)ずっとがんばる!と意気込みすぎ 何かを変えたいときはまずは期間を設けてみましょう。

(10)変わるのは難しいと思い込んでいる 正しいプロセスさえ守っていれば習慣を変えるのはそれほど難しくありません。